僕の映画鑑賞日記
色んな映画を見て、その感想などを自由気ままに書いた日記です。

プロフィール

oomae

Author:oomae
休日にはダラ?と映画を観ながら過ごすのが好きです。
ゆったりした映画感想ブログへようこそ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


レボリューショナリー・ロード

映画館で『レボリューショナリー・ロード』を観た。
主演はレオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウインスレット。
時代はアメリカで、近代的に発展している時期の一般市民の家庭を舞台にしている。
主役の二人は若くして子供にも恵まれ、一戸建ての家に住み、一見なに不自由なく暮らしている。しかし、結婚前に二人とも夢があり、将来に大きな野望を抱いていたが、現在の生活は夫(レオ)は汽車で離れた会社に勤め、妻(ケイト)は家事をこなし、退屈な毎日を送っている。
妻はこんな生活にほとほと嫌気がさし、夫を説得してパリに引っ越しするようにする。夫もその案に賛成し、二人は再び将来に夢を見て生きていこうとするが・・・
パリに移ることが決まってから、妻のお腹に3人目の子どもが宿っていることに気づき、夫も同時期に会社で出世し始めてしまう。
次第に夫婦の間に考えの溝ができてきて、二人の争いが始まっていく。そして、ラストは最悪の結末を迎える・・・。
という内容。幸せなどこにでもいそうな一般の若夫婦の話。しかし色んな葛藤が人生にはあり、人それぞれ表には出さないが悩みを抱えて生きている。ということを伝えたい内容の映画だと感じた。
正直言ってあまり面白くはなかった。主演の二人の演技が素晴らしかったから見応えはあったが、ストーリー的にはイマイチ。
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://eigaboy.blog120.fc2.com/tb.php/64-faedcdd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。