僕の映画鑑賞日記
色んな映画を見て、その感想などを自由気ままに書いた日記です。

プロフィール

oomae

Author:oomae
休日にはダラ?と映画を観ながら過ごすのが好きです。
ゆったりした映画感想ブログへようこそ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


HITMAN

DVDで『HITMAN』(ヒットマン)を観た。
リュック・ベッソン制作のアクションサスペンス。
内容は、小さい時から殺人者(ヒットマン)として育てられ、鍛えられた主人公が現在大人になってあらゆる暗殺の依頼を受けている。ロシアの首相の暗殺を依頼され、仕留めるがそれは罠で、何らかの組織から逆に命を狙われることになる。同じくしてそのロシアの首相の娼婦も命を狙われており、主人公とその女性が一緒に逃げながら、復讐をする。
初めは、暗殺という仕事を機械的に淡々とこなす完璧な男なのだが、元娼婦の女性と一緒に旅をするうちに段々と感情が出てきて、主人公に変化をもたらす。
最後は圧巻のガンアクションで、爽快感120%のクライマックスを迎える。
主人公のように暗殺者として育てられた者がたくさんおり、その仲間達とのすさまじいアクションも見もの。
かなり面白かった。リュック・ベッソンものの特徴として、無骨で無口な強い男と奔放で無邪気で可愛いいが気の強い女の組み合わせがこの作品でも見られた。
シリーズ化してもいいのでは。と思える。
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


ブラックサイト

DVDで『ブラックサイト』を観た。
主演はダイアン・レイン他。アメリカで殺人を動画でライブで流すサイトが出る。
それを、FBIのサイバーテロ対策チームの主人公らが探しだし犯人を捕まえるというもの。
色々な仕掛けで殺すが、そのサイトのアクセスが多くなればなるほど死に近づいていく仕組みになっている。次第にFBIの仲間も犯人の餌食にされ、深刻さはエスカレートしていく。
かなりサスペンス・ホラーとして楽しめた。『SAW』シリーズみたいな殺人シーンと緊迫したサスペンスがバランス良く、面白かった。

スターシップ・トゥルーパーズ3

DVDで『スターシップ・トゥルーパーズ3』を観た。
数年前に劇場で1を観て面白かったので、2は観ていないのだが、最新作の3を思わず借りてしまった。ポール・バーホーヘン監督のSF作品で、人類は宇宙で色んな惑星に移り住むようになっているが、『バグ』という巨大な昆虫が襲ってきて、何年も人類の連邦軍とバグとの戦争が続いている。
今作の舞台はある星の基地がまずバグの大軍に襲われてしまう。それは、連邦軍の総司令官が視察に来ていた時に起こっており、後々、その意味が分かってくる。
巨大な昆虫によって、兵士が次々と簡単に殺されていくシーンが迫力があって面白い。難しいSF特有の世界観は重要視されていなく、単純にアクションと巨大昆虫の迫力を追及している所が良かった。
映画のある意味での良さ、作り手の上手さが感じられる作品である。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


007 慰めの報酬

映画館で『007 慰めの報酬』を観た。主演はダニエル・グレイグ。
007の最新作。ボンド役にダニエル・グレイグを起用しての第2作目。
内容は、自然保護組織が表向きは慈善活動をしているが、裏では政治的に利益を貪る活動を世界各地で展開しており、世界で貴重な資源を奪おうとしている。その組織をボンドがやっつけるというもの。
前作の続きで、ボンドは最愛の人を前作で殺されているので、その復讐も込めて、執拗に容赦なく相手をやっつけていく。
途中、やり過ぎということでMI?6から、任務から外されてしまうが、そんな事はお構いなしで自分の信念の赴くまま突き進んでいく。
完全なタフガイで、かなり超人的に強いボンドをグレイグが演じている。
2時間ほとんどがアクションで、退屈させることなくストーリーは進み、非常に面白かった。タフガイ役のダニエル・グレイグは見事にハマっている。
同じスパイエージェントもののボーンシリーズ(マット・デイモン)と少し似た感じではある。
次回作も期待大である。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


レボリューショナリー・ロード

映画館で『レボリューショナリー・ロード』を観た。
主演はレオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウインスレット。
時代はアメリカで、近代的に発展している時期の一般市民の家庭を舞台にしている。
主役の二人は若くして子供にも恵まれ、一戸建ての家に住み、一見なに不自由なく暮らしている。しかし、結婚前に二人とも夢があり、将来に大きな野望を抱いていたが、現在の生活は夫(レオ)は汽車で離れた会社に勤め、妻(ケイト)は家事をこなし、退屈な毎日を送っている。
妻はこんな生活にほとほと嫌気がさし、夫を説得してパリに引っ越しするようにする。夫もその案に賛成し、二人は再び将来に夢を見て生きていこうとするが・・・
パリに移ることが決まってから、妻のお腹に3人目の子どもが宿っていることに気づき、夫も同時期に会社で出世し始めてしまう。
次第に夫婦の間に考えの溝ができてきて、二人の争いが始まっていく。そして、ラストは最悪の結末を迎える・・・。
という内容。幸せなどこにでもいそうな一般の若夫婦の話。しかし色んな葛藤が人生にはあり、人それぞれ表には出さないが悩みを抱えて生きている。ということを伝えたい内容の映画だと感じた。
正直言ってあまり面白くはなかった。主演の二人の演技が素晴らしかったから見応えはあったが、ストーリー的にはイマイチ。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。