僕の映画鑑賞日記
色んな映画を見て、その感想などを自由気ままに書いた日記です。

プロフィール

oomae

Author:oomae
休日にはダラ?と映画を観ながら過ごすのが好きです。
ゆったりした映画感想ブログへようこそ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



カレンダー

09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



FC2カウンター



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


88Minutes

DVDで『88Minutes』を観た。主演はアル・パチーノ。
内容は過去に起きた連続強姦殺人事件で死刑が確定した犯人と、その判決に多大な影響を及ぼした精神科医との心理バトル。
模倣した殺人が次々に起こり、最初の犯人は冤罪ではないか!?と疑われる。
そして怪しい人物が多く登場し…
といったサスペンスとなっている。アル・パチーノの存在感がやはり良い。
最後まで飽きさせない心理サスペンスで面白かった。
スポンサーサイト

再会の街で

DVDで『再会の街で』を観た。主演はアダム・サンドラー、ドン・チードル。
内容は9,11同時多発テロで家族を失ったかつての親友に偶然ばったりと街で主人公(ドン・チードル)が会うことから始まる。
二人は大学時代ルームメイトで歯科医を目指しており、二人とも卒業後歯科医になるが、一人は今でも順調にニューヨークで開業しており、しかしもう一人(サンドラー)はテロによる精神的ショックから立ち直れず、現実から目を背け一人マンションでだらだらと生活を送っている。
なんとか、傷心の友を助けようと色々と手をつくし、心療内科医にも通院させるが・・・
あまりにもテロで受けた傷が大きすぎて、家族を一瞬で失った悲しみを受け止められることができず、事件を起こして死のうとしてしまう。
警察に捕まり、精神病院に入れられてしまい、今後も精神面でケアが必要かとの観点から裁判が開かれる。テロで受けた悲しみからくる悲劇と人間模様が描かれていて、とても興味深く観ることができた。
サンドラーとチードルの演技が良い。また作品全体からくる雰囲気も、現実的で見ている者の心にせまってくるものとなっている。良かった。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


Mr.ビーン2

DVDで『Mr.ビーン2』を観た。主演はローワン・アトキンソン。
イギリスで人気のコメディドラマの映画化の最新版。前作は確か10年ほど前だったか、一時ビーンブームが日本で巻き起こり、それにつられて映画化となっている。
今作は主人公ビーンがクジに当たってフランスに海外旅行に行く。そこでまた色んな人を巻き込んでのドタバタ劇が繰り広げられる。というもの。
1作目に比べて、アトキンソンは老けたな・・・と感じさせるものの、奇怪な動きと表情は顕在で面白かった。特に今回は子ども(4歳)と一緒に観たが、その4歳の子どもがビーンを観てゲラゲラ笑っていた。セリフで笑わせる映画ではないので小さなこどもでもまた、言葉が通じなくても通用するんだなあと感心させられた。
気楽に楽しむには、持ってこいの作品。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画


ウォンテッド

映画で『ウォンテッド』を観た。主演はアンジェリーナ・ジョリー、モーガン・フリーマン他。
古来から伝わる暗殺者集団が居て、その中で仲間割れが起き殺し合いが起きている。
主人公の男性は普通のしがない会社員だったが、暗殺者に父を実は持っており、ある日後継者として暗殺者集団からスカウトされてしまう。
当初は訳がわからず、抵抗していたが次第に訓練を積み腕を磨き一端の暗殺者に仕立てあげられる。
敵の暗殺者と戦い、結局は勝つのだが実はその敵が父親であったことが分かり、結局組織に利用されて暗殺者になって父を殺したのだと分かる。
そこから、主人公の反撃が始まり、組織つぶしをやっていく・・・というもの。
まあ、ストーリーはそんなに重要ではなく、何といってもアクションが凄い。最新CGを駆使して色々なカーアクションや武器を使ってのありえない攻防が見もの。意志の力で弾丸を自在に曲げたりと、今までなかった映像が満載で非常に面白い。
女暗殺者役のアンジェリーナ・ジョリーがはまり役でカッコいい。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


エイリアンズVSプレデター2

DVDで『エイリアンズVSプレデター2』を観た。
宇宙でエイリアンをたくさん乗せたプレデターの船が機内のトラブルでエイリアンがプレデターを攻撃し、地球へ墜落する。その宇宙船からエイリアンが逃げ出し、町の人間を襲い、卵を産みつけ繁殖していく。
プレデターの船にトラブルがあった事を知った他のプレデターがエイリアンをやっつける為に地球に一人でやってくる。そこからエイリアン対プレデターの戦いと巻き込まれていく人間が描かれていく・・・
前作では少数の人間とプレデター、エイリアンとの戦いだったが、近作は町全体を舞台にしており被害もひどく、完全にエイリアンによって町の人類は殺されてしまう。物語があってないような感じでめちゃくちゃやられてしまうのを観るばかりである。一人プレデターもエイリアンを次々やっつけていくのだが、いかんせん数が多すぎてあまり効果ないんじゃないか?と思ってしまう。
結局はアメリカ軍がその地域全体に爆弾を落とし、地域全体の生命体を殺傷して終わらしてしまう。
だらだらとエイリアンにやられていくシーンが多くて、ストーリーに起伏が薄い作品。イマイチかな。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。